生麺(お土産)@ラーメン二郎 仙川店【2017年9月15日】

スポンサーリンク

昨日、二郎仙川店で購入した生麺を調理したいと思います。

このビニール袋には2玉入っております。(200円で購入)

ビニール袋を開けてみると・・・

こんな感じで、2玉に綺麗に分かれています。

1玉分を取りお皿の上に。

こうするとかなりの威圧感。

沸騰したお湯に麺を投入します。

ふきこぼれそうになったら、差し水を足します。

投入から大体5分くらいで麺上げしました。

冷水でよく締め、水をよく切って丼に移します。

1本だけそのまま食べてみると・・・旨い!!

何もつけなくても旨いじゃないかw

ただこのままだと寂しいので・・・

卵黄と白ネギをトッピング

仕上げに海苔をマシマシで。

さて、昨日見つけた「あるもの」とはコレです。

油そばやつけ麺用のタレが無かったので、これで代用することにしました。

新代田店の冷まし中華を目指すぜ!!

(自分でタレを作るなどという高等テクは持ち合わせておりません)

っていうかコレ合うのかな(´Д` )?

.

まぁいいや。

とりあえず、コレつけて食ってみるか。

麺をつけダレによく絡ませ、口へ運ぶ・・・

すっぺぇ!!

ダメだこりゃ。

肉には合うんだろうけど、麺には酸っぱすぎて合わないわ(T_T)

うーむ、どうしたものか。

酸っぱさを押さえるには甘みを足せばいいんだな。

よし。

冷蔵庫にあったこの焼肉のタレを、先ほどのしゃぶしゃぶのタレに混ぜてみよう。

麺に卵黄をよく絡ませ・・・・

焼肉のタレを混ぜたつけダレに投入!

いい具合に馴染んだかな。

うぉ、酸味が抑えられて旨くなったぞ!!

よく考えたら、最初から冷やし中華のタレでよかったかな・・・。

冷まし中華には程遠いが、なかなかの旨さ。

名付けてIO(依存症オリジナル)

【 完 】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加