ラーメン+味玉子+生とじ玉子@ラーメン二郎 新橋店【2017年6月13日】

スポンサーリンク

今回は開店した2011年に数回行ったきりの新橋店に行くことにしました。

訪問するのは実に約6年ぶりです。

この近辺に来るとついつい本店に行ってしまうので、長いこと足が遠のいていました。

私の記憶が確かならば、当時の新橋店の印象はこんな感じです。

  • 麺は極太。断面が四角いストレート麺でいかにもNS系なもの
  • スープはド乳化
  • 豚はやたらしょっぱい

6年もの歳月でどう変わったのか、ワクワクしながらお店に向かいます。

店に到着するまで結構迷った記憶があるので、予めGoogleマップで念入りに確認し新橋駅から歩くこと10分ほど。

スポンサーリンク

二郎到着

時刻は19:10

並びはゼロ!

並び方の注意書き。

豚入り、豚ダブルともに売り切れで残念無念。

「ラーメン 700円」「味玉子 100円」「生とじ玉子 100円」を購入

席が3つほど空いており、店員さんから「空いている席へどうぞ~」との声がかかったので

給水器で水を汲み

着席

<卓上調味料>

  • 白コショウ
  • 醤油ダレ
  • 唐辛子1
  • 唐辛子2

<その他>

  • 箸は割り箸
  • レンゲあり(給水器の隣)
  • 爪楊枝あり(給水器の横)
  • トイレあり
  • 店内に自動販売機あり
  • 固定式の丸椅子
  • 券売機はすべての紙幣に対応

お店は元気の良い男性店員の3名体制です。

お客さんはリーマン率90%以上。

カウンター下の荷物置きスペースは狭いので、大きめのカバンは収納が難しい。

席に座るとすぐさま・・・

生とじ玉子 登場

生とじ玉子が提供されました。

大き目のお椀に生卵が2つ入っていて、刻みのりが乗っています。

味見してみると、カツオっぽい味の出汁を感じます。

これはあとでスキヤキ風にして食べよう!一人盛り上がっていると・・・・

店員さん「おまちどうさまです!どうぞ!(片手ヤーbyダチョウ倶楽部 のジェスチャー付き)」

自分「ニンニクで!」

登場したのがコチラ!

ラーメン登場

ラーメン 700円 + 味玉子 100円 + 生とじ玉子 100円

コール:ニンニク

時刻:19:22(着席から着丼まで約5分)

早速いただきます。

野菜はモヤシ対キャベツが9対1くらい。

茹で加減はシャキシャキで水分多め。

次にスープ。

液体油の量がハンパないです。

この写真だと分かりづらいので・・・

これでどうでしょうか。

1センチ以上の液油の層が見てとれます。

スープの上澄みをすくってみると、ほぼ液体油。

丼の底にレンゲを沈ませてから再度すくってみると・・・

醤油色のスープが顔をのぞかせます。

ここでまずビックリしたのが、

開店当初のド乳化スープの面影が全くない

ということ。

いつの間にか非乳化にシフトしていたのか!!

ゴクッっと飲んでみると・・・

めちゃ旨やないか!

非乳化好きの私としては、これは嬉しい誤算!

次に豚。

長細い豚が1つ

結構な歯ごたえがあるものの、パサ豚・ガチ豚というわけではありません。

しっかりと味が染みていて美味しいです。

豚はこれだけだと思ったら・・・・

あと2つ野菜の下に埋もれていました。

脂身メインの豚でしたが、トロッとろけるなかなかの旨豚。

次に麺。

ここで2度目のビックリ仰天。

麺がめちゃ細くなっている!

割り箸よりも2周りほど細く、開店当時の極太麺と全く違う。

ただストレート麺なのは変わりないか?

ちなみに写真に写っている固形油はトロトロで、自然な甘みがある。

油増しにして油MAX(アブマックス)二郎にしてみるのも面白そうだ。

麺を口へ運んでみると・・・・

うお!なんだこのムッチムチな食感は!

カタメで、これ以上ないというぐらいの弾力がある。

小麦がぎゅっと詰まっている感じで自分好み。

食べ進めているうちに、あの店を思い出しました。

千住大橋店です。

語弊があるかもしれないけど、千住のスープをまろやかにすると新橋店の味に近くなる気がします。

味玉は半熟のいい感じの茹で加減です。

味付けは和風系で、かなりしょっぱ目です。

小岩店の味付け玉子に似てるかも。

最後は生とじ玉子。

和風系のやさしい味付けで、舌をさっぱりとリセットできます。

スモジあたりが出しそうなメニューですね。

スープが旨かったのでかなり飲んでしまいました。

液体油の量を思い出して我に返り、完飲は自重。

旨かった!!

退店

※店内の自販機(珍しい瓶コーラ販売)

久しぶりの新橋店はかなり私好みの二郎にシフトしていたので、今後は足を運ぶ機会が増えそうです。

6年もの間に大きな変貌を遂げていて、今回は驚かされっぱなしでした。

正直、今日初めて見た虎ノ門ヒルズよりも衝撃を受けました。

【 完 】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加