小つけ麺+味付玉子+味付玉子+スープ割り@ラーメン二郎 上野毛店【2017年5月12日】

スポンサーリンク

連休明けの5連勤(残業つき)で身も心もボロボロの私。

残りHPはたぶん3くらい。

フラフラになりながら癒しを求めて向かったのは、マッサージでもスーパー銭湯でもなく・・・

スポンサーリンク

二郎到着

ラーメン二郎 上野毛店への行き方・アクセス方法(上野毛駅から徒歩)

上野毛二郎。私にとっては神の家二郎。

時刻は20:28

並びは20人ほど

これは1時間待ちは覚悟せねばなるまい。

HPもつかな・・・

営業時間のお知らせ

「ふりふりカレー」は当然のこととして、遅いこの時間は「豚入り」も売切れ。

ふふふ、なぁにまだ味付け玉子がある。

「小ラーメン 700円」「つけ麺 150円」「味付け玉子 100円」「味付け玉子 100円」購入

<卓上調味料>

  • 唐辛子
  • 白コショウ

<その他>

  • 箸は割り箸
  • 水は給水器によるセルフ
  • レンゲあり(カウンター上段に)
  • 箱ティッシュあり(券売機の上)
  • 爪楊枝あり(券売機の脇)
  • トイレあり

お店は、店主さんと男性店員のナイスコンビです。

相変わらずほんわかとした暖かい雰囲気の店内。

ここ数日の睡眠不足がたたり、席に座ると突如睡魔が襲ってきました。

つけ用の麺を、ザルで水切りする時の「チャッチャッ」っという音が心地よい子守歌のように聞こえて、あやうく居眠りしてしまいそうでした。

ふと店主さんのお顔が視界に入り、眠気が一瞬で冷めたその時!!

つけ麺登場

助手さん「ニンニク入れますか?」

自分「アブラカラメ」

出てきたのがコチラ!

小ラーメン + つけ麺 + 味付け玉子 + 味付け玉子

コール:アブラカラメ(ニンニク無し)

時刻:21:30(並び20人に接続後、着丼まで約1時間2分)

早速いただきます。

ヤサイはシャキシャキで水分を多く含んでおります。

濃いスープに合いそう!

次に豚。

一番下の豚は、適度に脂身がついていてしっとり柔らかい!

味も良く染みている当たり豚!

旨い!!!

コールした「アブラ」はつけ汁の方に入っているようです。

レンゲを入れると・・・・

つけ汁の表面が割れて、そこから濃ゆーーーい醤油色が顔をのぞかせました。

ゴクッっとそのまま飲んでみると、柚子コショウ(レンゲにくっついている緑の粒)がかなり強めに効いていて、辛味を感じるほど。

ギリッっと鋭い切れ味の醤油と、程よい酸味と甘みのハーモニー!!

旨い!!

カラメにしたのでちょっとしょっぱめ。

だがそれがいい!!

このつけ汁に・・・・

水で良くしめられたツヤツヤの麺を・・・

ザザッとくぐらせて口の中に・・・

生き返るわ~~~!!

「せかいじゅのは」を食べたらこんな感じなのかな。

麺は水でよく締められているので、普通のラーメンよりも硬めに感じます。(硬め好きな方は、着席時の硬めコールが良さそうです)

これほどまでにさっぱり爽やかなのに、後を引くこの中毒性の秘密は何だろう?

レンゲを丼の底に這わせると、ジャリジャリとした感触が伝わってくるあの魔法の粉か?

つけ汁に大量に浮かぶ固形・液体アブラなのか?

いつのまにか恒例となっている、味付け玉子の2個同時割り。

この玉子の半熟加減と旨さは、さすがとしかいいようがない。

優しい和風系の味付けなので、醤油主体の上野毛二郎と相性抜群!

スープ割り

恐縮ながらスープ割りをお願いすることに。

つけ汁の丼をカウンター上段に置き「スープ割りお願いできますか」と店主さんに伝えると、「はいよ!」と気前よくやってくださいました。

※ スープ割り後

表面の脂の層が薄まったせいか、その下の層の醤油色が目立つものになりました。

人参らしきものを発見。

これは出汁用なんですかね?

食べるとめちゃ柔らかい。

味は良くわからないけどたぶん人参・・・(駄舌ですみません)

ゴクッっと飲むと、つけ汁に豚のコクと香りが合わさってこりゃ旨い!

当然2,3口で終わらずにグビグビと飲んでしまいました。

ちなみにカラメにしたせいか、スープ割してもまだちょっとしょっぱめです。

いやー旨かった!

退店

お店を出ると並びは14人ほどでした。

完全回復した私は、水切りした麺のようにツヤツヤした顔で帰路につきました。

【 完 】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加