小ぶたダブル@ラーメン二郎 三田本店【2017年4月7日】

スポンサーリンク

ここ数日、三田に行きたくて行きたくて仕方がない症状が続いておりました。

金曜日の夕方頃から仕事が手につかず、心はすでに三田本店の前にいました。

体から抜け出した魂が、お店に並んでいたと思います。

そんなとき、二郎を食べたことが無い同僚に「二郎って旨いの?」と聞かれたんですが、私はクワッっと目を見開き満面の笑みでこう答えました。

「旨いというより、気持ちいいんだよ!!」

同僚はその後、話しかけてきませんでした。

行こうぜ・・・”旨さの向こう側”によ・・・!?

スポンサーリンク

二郎到着

時刻は18:45

並びは角を曲がったところで、20人ほど。

チラッと店内を除くと・・・総帥の姿を発見!!

テンションMAX!!

「ぶたダブルラーメン 800円」を購入

ラーメン登場

お店は、総帥と男性助手2名の3人体制。

麺上げは総帥です。

助手「ダブルの方、ニンニク入れますか?」

自分「ニンニク少なめ、カラメで」

出てきたのがコチラ!

ぶたダブルラーメン 800円

コール:ニンニク少なめ、カラメ

時刻:19:21(並び20人に接続後、着丼まで約36分)

パッと見、乳化スープでトロみがありそう。

早速スープを飲んでみると、豚の旨みがずっしりと舌にのしかかってくる。

カラメにしたこともあってか、醤油の効きもバッチリです。

うんまー!!

クタ野菜と、トロっとした濃厚スープとの相性は最高。

ふぞろいな大きさの厚切り豚が、ヤサイの下からゴロゴロと。

今日の豚は筋肉質な豚が多く、本店にしては珍しくパサっていました。

残念ながら、当たり豚とは言い難い。

最近、豚運が悪いなぁ・・・。

ただ一番色の濃い豚は、しっとりかつ味がよく染みていて旨かったです。

麺も本店にしては珍しくデロではなく、硬めの茹で加減。

コキュッ、コキュッっとした食感が心地よい。

あれれ、僕デロ好きマンだけど硬めの麺も旨いなー

濃厚スープが染みこんだ麺を口にぶち込めば、

「生きてて良かった~!」

と心底思う。

”旨さの向こう側”

見えた気がします。

【 完 】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加