シークァーサーつけ麺+浅漬けでしょうが@ラーメン二郎 相模大野店【2016年9月9日】

スポンサーリンク

「シークァーサーつけ麺がそろそろ終わる」

こんな噂を耳にした私は、夏の思い出作りにスモジに突撃してまいりました!

スポンサーリンク

二郎到着

sumoji_01

時刻は18:26ごろ

待ち人数は運良くゼロ!

ラッキー♪

これも、お年寄りに席を譲ったり、おばあさんを背負って階段をのぼったりしている日頃の行いのおかげでしょうか?

ラーメン二郎 相模大野店への行き方・アクセス方法(相模大野駅から徒歩)

sumoji_02

サービス中の目印「幸せの黄色いハンカチ」を発見!

今日のサービス品は、「浅漬けでしょうが」です。

サービス中なら、10円玉をお渡しして「浅漬けでしょうがをお願いします!<(_ _)>」と懇願すればサービスしていただけるのです!

いやぁ、非常にありがたい!

《浅漬けでしょうが》
10円玉1枚にてサービス!
◎すりおろした生姜にサッパリ塩味の浅漬けのもとをまわしかけてあります。ラーメンをちょっとずつつけて食べたり、つけ麺に入れたり。アクセントとしてさっぱりと美味しく頂けます。
お客様発の10円玉サービスです!
ご希望の方は以下の方法でどうぞご利用ください!

※必ず着席時にお願いいたします。着席時に店員に10円玉1枚を添えて「《浅漬けでしょうが》お願いします。」と伝えて下さい。必ず着席時にお願いいたします。
※サービス中の目印として【幸せの黄色いハンカチ】を張り付けております。どうぞお確かめください。

(相模大野店からのメルマガより)

sumoji_03

お目当ての「シークァーサーつけ麺」はまだ販売中でした!

ラーメン700円 と シークァーサーつけ麺 150円を購入!

sumoji_04

カウンター上段に食券と、10円玉を添えて「浅漬けでしょうがをお願いします!」とお願いして着席

店主から最も遠い席で、またまたラッキー♪( ´∀`)

これも、募金活動に勤しむ日頃の行いのおかげでしょうか?

お店は店員3人と親方の4人体制でした。

新人らしき若い店員さんに、親方が優しく指導されていました。

ぜひとも頑張っていただきたいものです!

親方は機嫌が良さそうで、連席希望のカップルにも丁寧に案内されていました。

さて、卓上調味料はいつものとおり。

向かって左から

醤油、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、マジック唐辛子、一味唐辛子

sumoji_05

ほどなくすると、「浅漬けでしょうが」が提供されました。

「すりおろした生姜にサッパリ塩味の浅漬けのもとをまわしかけてあります。」とのことだが、、、味見すると・・・

めちゃくちゃ酸っぱくて辛い生姜味!(そりゃそうだろ)

よし、こいつの実力は大体わかった。

切り札として残しておこう。

シークァーサーつけ麺登場

店主「つけめんの方~、ニンニクいれますか~~?」

私「ニンニク少なめ、アブラで!」

登場したのがこちら!

(※18:41頃 待ち人数ゼロで、着丼まで約15分)

sumoji_06

ラーメン700円 + シークァーサーつけ麺 150円

コール:ニンニク少なめ、アブラ

sumoji_07

見た目は、ノーマルのつけ麺と同じような感じです。

sumoji_08

スモジ麺

スモジ麺は、つけ麺だとさらに旨いんだよなぁ・・・

sumoji_09

まずは豚からいただきます!

豚はなかなかの柔らかさで、臭みもありませんし、味はほどよく染みていています。

前回のような当たり豚ではないですが、十分に美味しい。

今日は中当たりぐらいです。

さて、次はスープ!

sumoji_10

sumoji_11

sumoji_12

sumoji_13

スープはかなり乳化が進んでいる感じで、レンゲを入れると醤油色のスープが顔をのぞかせます。

1口すすると・・・

南国の太陽が育んだ爽やかな酸味!

すみません、食券機のPOPからコメントパクりました。。。

ちゃんとコメントすると、シークァーサーが非常に効いていて、最初に酸味がガッツーーン!と脳天直撃する感じです。

つけダレに浸っているモヤシの芯まで、酸味が染みわたっているほどです。

でも、ド乳化スープとアブラのコッテリ感がかなり出ているので、「豚の旨み・コク」と「シークァーサーの酸味・爽やかさ」が一進一退の綱引きをしているような、そんな幅のある味わいがあります。

上手く表現できないのですが、シークァーサーの酸味・爽やかさを、濃厚なこってりスープが包み込んでいる、そんなイメージです。

FZもよく効いていて、そのキリッと感もシークァーサーとよくマッチしています。

気が付いたら、2口、3口と止まらなくなってきます。

こりゃ、食べだしたら止まらない旨さっすわ!

sumoji_14

早速、麺を投入し・・・

sumoji_15

プカプカと浮いているアブラを絡めて・・・食う!!

っかーーーー!うめぇ!

麺は水でよく締められており、サクサクとした食感で小麦感を存分に味わえるもの。

ド乳化スープとアブラコールで、ハンパない豚のコクとコッテリ感が出てるので、決してシークァーサーに負けていない!

「コッテリ軍 vs さっぱり軍」

戦いは延長戦へ

sumoji_16

切り札として残しておいたあいつ「浅漬けでしょうが」を・・・

sumoji_17

ピンチヒッターとして投入!

例えるならば、10回裏二死満塁、一打サヨナラで日本一の場面!

その結果は!?

サヨナラ顔面危険球!

乱闘騒ぎの中、さっぱり軍の日本一決定!!

なんだかよく分からなくなってきたので、このへんで・・・

sumoji_18

ゲームセット!

退店

sumoji_19

時刻は19:55頃

待ち人数は、10人ほどでした。

シークァーサーつけ麺は、「豚」と「シークァーサー」の旨さを同時に味わえます。

1粒で2度美味しいという感じで、二郎感もしっかりと味わえるニクイ奴です!

病みつきになる旨さなので、レギュラーメニューにしてほしいくらいです。

夏の思い出が1つできて、足取りも軽く帰路につきました。

俺たちの夏はこれからだ!

【 完 】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加