ラーメン二郎 京成大久保店【2016年4月1日】

スポンサーリンク

今日は有給をとったので、京成大久保店へ遠征することにしました。

京成大久保店はお気に二郎の1つですが、自宅・職場から遠いため、かれこれ1年以上訪問できていないので、ずっとウズウズしていました。

開店時間(17:00)に到着するように調整して二郎へGO!

スポンサーリンク

二郎到着

ラーメン二郎 京成大久保店への行き方・アクセス方法(京成大久保駅から徒歩)

16:47に二郎到着!

待ち人数は2人でした。

ookubo_23

営業時間

11:00~14:00

17:00~20:00

定休日

日曜日・祝日

ookubo_24

17:00ピッタリに開店。

二郎らしからぬ清潔感があふれる、ピカピカの店内です。

ookubo_25

前回は「みそ」を食べたので、今回はフツーのを。

「大」の食券は販売中止になっていますが、「小」に現金100円をプラスすれば「大」になるようです。

私はそんなに食べられないので、小ブタ800円を購入。

ミニ・ラーメン 600円
小ラーメン   700円
小ブタ     800円
小ダブル    900円
大ラーメン   800円
大ブタ     900円
大ダブル   1,000円
————————-
つけ麺     800円
大つけ麺    900円
————————-
みそラーメン  800円
みそつけ麺   800円※ミニ・ラーメンの野菜増し不可

ookubo_26

給水器の上にティッシュがあります。

ookubo_27

水を汲み、食券をカウンター上段に置き、着席。

お店は、男前な店主と、とても感じの良いおかみさん助手の2人体制です。

おかみさん助手は、殺伐としがちな二郎の店内を、アットホームな雰囲気に変えてくれるありがたい存在です。

卓上調味料は、ホワイトペッパー・唐辛子。

箸は割り箸。

レンゲはカウンター上段にあり。

ookubo_28 ookubo_29

細かいオーダーにも対応してくれます。

麺  少なめ

麺  固め

麺  やわらかめ

野菜 少なめ

脂  少なめ

味  うすめ

早めにお伝えください。

ookubo_30 ookubo_31

トイレは店の奥にあります。

ookubo_32

ラーメン登場

着席してほどなく、おかみさん助手から「ニンニクいれますか?」と聞かれたので、

「ニンニク少なめ」とお願いしました。

そして登場したのがこちら!小ブタ800円

ookubo_33 ookubo_34 ookubo_35 ookubo_36

野菜対キャベツは、7対3くらい。ややクタな湯で加減で美味しい。

お次は、真骨頂のスープ。

スープの表面を覆っているのは、乳白色のコラーゲン状のもの。

これは、透明な液体油とは異なり、脂が非常に細かいため、脂とスープがほとんど分離していません。

口に運ぶと・・・UMEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!

ブタの旨みが凝縮されており、なおかつ非常にマイルドです。

そして、見た目ほど脂っこくなく、意外とアッサリしています。

スープにレンゲを入れると、スープに脂が溶け込んでいるせいで、かなりトロみを帯びているのが分かります。

レンゲをさらに深く入れると、スープの色が次第に、濃い醤油色に変わってきます。

この濃い醤油色スープは、醤油がかなり効いており、微乳化でやや甘みがあります。

自分は、このスープのことを勝手にミルフィーユスープ(多重構造の意味で)と呼んでいます。

食べ進めるごとにスープの変化を楽しめるので、このお店では、あえて天地返しはしません。

ちなみに、カラメにしなくても十分な濃さなので、個人的にはデフォで十分だと思います。

ookubo_37 ookubo_39

豚をすべてラーメンの上に乗っけました。

豚は小ぶりな赤身です。

口の中でトロけるわけではなく、固い部位もあり噛みごたえがありますが、パサつきは一切ありません。

品川店の豚と似ていると思います。

豚の味付けは濃い目です。

ookubo_40 ookubo_41 ookubo_42 ookubo_43

次に麺。

固さは何も指定しなかったのですが、デロな仕上がりです。

固めが好きな人はカタメ必須です。

麺を頬張ると、小麦のいい香りが口の中に充満します。

二郎にしてはやや細め、そしてわずかにウェーブがかかった平打ち麺。

これがコク旨スープによく絡みます。

ookubo_45

終盤。

スープは、醤油がだいぶ強まっていて、さらに丼の下層に沈殿していた化調と混ざり始めます。

これにより、さらなるコク旨スープに変貌!

そしてニンニクを溶かせば、やめられないとめられない旨さ。

このスープは、二郎本来の旨さを突き詰めた1つの答ではないでしょうか。

ookubo_46

スープの旨みを殺さない程度に、唐辛子をふりかけました。

旨い!辛い!旨い!

ookubo_47

ごちそうさまでした!

ookubo_48

退店

変わらぬ旨さで、遠征した甲斐がありました。

また近いうちに来たいです。

次はみそ食べるぞー(^q^)

ookubo_49

おしまい

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加