エビな奴つけ麺+レジェンド ラーメン二郎 八王子野猿街道店2【2016年3月29日】

スポンサーリンク

何気なく、野猿二郎のツイッターを見ていたら、このようなつぶやきが目に入りました。

「エビな奴まだあります! 水曜日あたりまで!」

・・・(´・ω・`)

だけど、私は限定などに軽々とは釣られません。

スポンサーリンク

二郎到着

ラーメン二郎 八王子野猿街道店 2への行き方・アクセス方法(京王堀之内駅から徒歩)

野猿二郎に到着。

時刻は8:43

外の待ち人数は約20人。

エビな奴楽しみだなー♪(軽々と釣られました)

yaen_01 yaen_02 yaen_03 yaen_04 yaen_05

妙な視線を感じたので、ふとその方向を見ると、エビな奴を発見

yaen_06

今日は、なぜか卵を無性に食べたかったので、

「エビな奴つけ麺 1,050円」に

「レジェンド200円」+「たまねぎたまご100円」+「うずら100円」

をプラスしました。

合計 1,450円也。

ちょっと頼みすぎかなと思ったけど、

野猿は場所的にあまり頻繁に来られないので、たくさん買っちゃいました。

食券を渡すときに、「麺少なめ」とお願いしました。

yaen_07

レジェンド200円。

その名のとおり、生きる伝説、康太さんの名が刻まれる食券でございます。

yaen_08

例の強盗事件があってまだ日も浅いので、どうかと思いましたが、

店主さんは思いのほかお元気そうで安心しました。

着席からほどなく、康太さんの一部(生卵×2)が提供されました。

yaen_09

続いて、「たまねぎたまご」が登場

yaen_10

ラーメン登場

店主から、ニンニクいれますか?と聞かれたので、「ニンニク抜きで」とお願いしました。

「エビな奴つけ麺」が登場!

このとき、19:17。

※中9人、外20人の行列に接続してから、着丼まで約34分でした。

yaen_11 yaen_12

続いて、麺が登場。

すべて揃ったので、記念撮影!

このうずら10個のうち5個が、康太さんの残りの部分です。

あれ?うずらって、こんなに多かったっけ(^^;

まぁいいや。早速いただきます。

yaen_13

まず、軽くエビな奴のスープから。

見た目では分かりづらいですが、スープの中にエビペーストがふんだんに入っているので、かなりエビの香りが強いです。

エビの風味と、野猿の得意とする乳化スープ、甘じょっぱいカエシが合わさってなかなかの美味しさです。

yaen_14

豚は、かなりゴツくてデカい塊が2個。

そのほとんどが、筋のある硬い部分とアブラ身部分で、今日は残念ながらハズレだったようです。

yaen_15

次に、麺。

何もつけずに、麺だけ食べてみましたが、

冷水でしっかりと締められていて、食感も良く美味しいです。

そして、エビな奴のつけダレに浸してパクッ。

エビが香る豚骨スープが麺によく絡み、食べやすくどんどん食べ進められます。

ちなみに、唐辛子がスープに入っていて、エビ風味とよく合います。

いつものラーメンの味の濃さから、つけ麺の汁はもっとショッパイと思っていましたが、そうでもありませんでした。

むしろ、もっと濃厚でパンチがあってもいいかな、と思います。

試しにつけダレだけ飲んでみたら、ラーメンのスープにしてもいいくらいの塩加減でした。yaen_16 yaen_17 yaen_18

「たまねぎたまご」は、たまごと一緒に刻み玉ねぎが入っていて、醤油で味付けされています。

これを、すきやき風に麺をつけて食べると、いい箸休めになります。

yaen_19

終盤、康太さんの本体(生卵×2)を投入しました。

エビ豚骨がまろやかになり、ズバズバといただけました!

お目当てのエビと、卵をたっぷり補給することができ、おかげ様でぶっ生き返りました。

yaen_20

ごちそうさまでした!

yaen_21

退店

お店を出たのが19:30ちょっと前くらいでした。

たまにはこんな二郎もいいよね、と1人満足したアラサーの夜でした。

Fin

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加