グッチーズカレー ラーメン二郎 相模大野店【2016年3月12日】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日、仕事帰りに二郎に行く算段をつけていましたが、仕事が終わったのが23時だったので、二郎に行く事は叶いませんでした。

泣く泣く日高屋で定食を食べるハメに。。。(バクダン炒め定食が美味しかったです)

今日は休日出勤になりましたが、早めに仕事を終わらせることができました。

昨日の無念を晴らすため、二郎にレッツゴー♪

二郎到着

ラーメン二郎 相模大野店への行き方・アクセス方法(相模大野駅から徒歩)

二郎到着、14:40でした。

待ち人数は0人、空席1でした。 ラッキー♪

たまに間違えて出口から入って注意される人がいるので、要注意です。 sumoji_102

店内に入ると、食券機の手前に青いポールがあります。

列に並んでいて先頭になったときには、このポールの位置に立って席が空くのを待ちます。

sumoji_103

ところで、スモジは二郎の中でも、特にルールのややこしいことで有名です。

そこで、ルールや注文方法等をまとましたので、参考にしてもらえればと思います。

こうして見てみると、スモジだけではなく、他の二郎にもいえることが多いです。

[table id=3 /]

そういえば、最後にグッチーズカレーを食べたのは約1年前。

今シーズン、グッチーズカレーをまだ食べていないことに気が付いた私。

グッチーズカレーは、冬場限定メニューなので、暖かくなってくるとメニューから無くなってしまうのです。

そう思った私は、既にこの食券を押していました。

「ラーメン700円」「グッチーズカレー200円」「生たまご80円」 合計980円也。

大関チャーシュー(持ち帰り)は残念ながら売り切れでした(><)

写真の食券機の上を見ると、グッチーズカレーの説明があり、こう書かれています。

っちゃぐっちゃにトングで混ぜてたべるチーズ入りカレー入りのすごくうまい釜揚げ的麺! 略してグッチーズカレー 個性的なメニューです。はじめてのお客様にはおすすめいたしません。」

sumoji_104sumoji_105

食券を購入すると、若い助手の方から「お席にどうぞ」と案内されたので着席。

お店は、男性助手2人と店主の3人体制です。 隣と見ると、グッチーズを食べているお客さんを発見。

メニューから消える前の駆け込み需要でしょうか。

着席時に、店主に「内側でお願いします」と伝えました。

これは、「生卵を、丼の中に入れてください」という意味です。

通常、生卵は丼に入った状態ではなく、別皿で提供されるのです。

ただし、このサービスはイベントの日限定なので、ご注意を。(イベント日などは、スモジの公式サイトで確認できます。)

ラーメンオブジェの近くに、トングとトング入れが並べてあるので、グッチーズカレーを購入したときは、それを自分で席まで持って行きます。 sumoji_106

ほどなくして、助手から福神漬けを渡されました。

グッチーズカレーの期待が高まっていきます。

sumoji_107sumoji_108sumoji_109

  

スポンサーリンク

ラーメン(?)登場

着席して10分くらい経ったでしょうか。

店主さんに、「グッチーズの方、ニンニク入れますか?」と聞かれたので「そのままで」とコールしました。

さて、なぜニンニク抜き(そのままコール)にしたのかというと、グッチーズにニンニクを入れると、かなり辛いのです。

というのも、ラーメンのようにニンニクがスープに沈むことなく、すべて麺に絡むので、ニンニクを直接噛む回数が増えるためです。

ですので、グッチーズのときは、ニンニクを入れないか、少なめにしています。

登場したのが、こちら!

助手から「トングで混ぜながらお待ちください」と言われたので、

よーしパパまぜまぜしちゃうぞーとワクワクする自分。

一見、麺だけ?と思ってしまうほどのシンプルさ、と思いきや・・・ sumoji_110

トングで麺を持ち上げてみると、カレー・チーズ・卵がどっさり下に隠れていました。 sumoji_111

チーズが麺を引っ張っているからなのか、麺がめちゃくちゃ重い! sumoji_113

一生懸命まぜまぜしていると、別皿で野菜と豚(2枚)が登場しました。

ここが二郎だということを忘れていました。 sumoji_114

これで、提供されるものが全てカウンターの上に並んだので記念撮影です。 sumoji_115

この豚は、ホロホロジューシーで、よく味の染みた旨いやつでした! sumoji_116

混ぜるのはもういいだろうと、グッチーズをパクリ。

モチモチ・クニュッとしたスモジ麺に、コクのあるカレーとチーズが絡んで旨い!!

辛さはほとんどなく、甘口です。

味は、日本的なカレーの味です。

日本のカレーが好きなら気に入ると思います。

ただ、スープを味わえないので、二郎の豚骨や醤油を味わった感は全くありませんw

一言で言い表すなら、「ただひたすらに濃厚でぐちゃぐちゃな旨いチーズカレーラーメン」

すみません、一言で言い表わせませんでした。 sumoji_117

温存していた生卵を割ってさらにまぜ混ぜします。 sumoji_112

さらに、福神漬けを投入し彩りも華やかに。

福神漬けのアクセントが効いて、さらに食欲がマシてきます。

さらにトングと箸で徹底的に混ぜていきます。 sumoji_118 sumoji_119sumoji_120

混ぜれば混ぜるほど、色が変わっていき、さらにドロドロ度合をマシていくグッチーズカレー。

これは、混ぜれば混ぜるほど旨い! sumoji_121

別皿で提供された、豚と野菜はグッチーズ本体にまぜずに、サラダ・おかず感覚で頂くことにしました。

野菜には、卓上調味料のマジック唐辛子と醤油を振りかけてみました。

グッチーズは味が濃いので、お口直しに最適です。 sumoji_122

終盤になると、ラーメンを食べているのか、カレーを食べているのか、よく分からないカオスな状態になっています。

このグッチーズをライスに乗せて、グッチーズライスにして食べられるくらい濃厚です。 sumoji_123

ごちそうさまでした!

sumoji_124

  

スポンサーリンク

退店

閉店する15:00をちょっとすぎたくらいにお店を出ました。

二郎には 「二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物である」

という有名な言葉があるのと同様に

「グッチーズは二郎ではなく、グッチーズという食べ物である」

といえるのかもしれません。

グッチーズはたまに食べると、とても旨いです!

でもやっぱり普通のスモジラーメンが一番好きです。

おしまい

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加