ラーメン二郎 JR西口蒲田店【2016年2月19日】

スポンサーリンク

今日は、花金。昨日までの寒さが嘘のような暖かさで気分も上々。

今日は、蒲田店に行くことにしました。

旧鶴見店時代には4回ほどしか訪問したことがなく、個人的には馴染みの薄いお店です。

今回、蒲田店には2回目の訪問になります。

スポンサーリンク

出発( JR蒲田駅西口からの行き方)

改札を出て、西口に向かう。 kamata_01  

西口に通じる階段をおりる。 kamata_01-2 kamata_02  

蒲田西口商店街(サンライズカマタ)のアーケードの方に進む。 kamata_03 kamata_04  

「蒲田駅西口」の信号機がある。 この横断歩道を渡る。 kamata_05  

横断歩道を渡ったら、パチンコ屋を左に曲がる。 kamata_06 kamata_07  

ここを右に曲がる。 (「近畿日本ツーリスト」と「大和証券」に挟まれた細道) kamata_08  

細道に入り直進する。

kamata_09  

蒲田駅前郵便局を通過

kamata_10   

二郎の看板が見えてくる

 kamata_11  

二郎到着

駅から徒歩3~4分ほど。 待ち人数は10人でした。 ものさびしい街中にあった鶴見店の頃も風情があって好きでしたが、賑やかな今の場所も、移ってみればいいものですね。 kamata_12 kamata_13 kamata_14  

入り口に製麺機がある

kamata_15  

カウンターはL字型

kamata_16 kamata_17  

なんと、期間限定価格がまだ継続していました。

しかし、豚大好きっこの僕は「小ぶた830円」を購入 ぶたダブル売り切れでした。 kamata_18 kamata_19  

行列に接続してから20分後くらいに着席。

卓上調味料は無し。

レンゲあり(カウンター上にあり)

箸は割り箸。 ティッシュ無し。

お店は、ゴールドのネックレスがイカしている店主と助手の2人体制。

店主が、出来上がったスープを、念入りに味見していたのが印象的でした。

店内は、普通に会話しながら食べているお客さんも多く、二郎にありがちな殺伐感はないので、比較的リラックスして食べられるのではないでしょうか。 kamata_20  

後ろの通路は、オーション袋などが圧迫しているので、人一人がなんとか通れるくらい。 kamata_21  

ラーメン登場

助手にコールを聞かれたので、「ニンニクすくなめ、トウガラシ」とお願いしました。

登場したのがこちら!

こんもりと盛られた野菜の上には、トウガラシが大量にまぶされており、まるで活火山のようです。

そして、他の二郎とは一線を画す白濁スープです。 kamata_22 kamata_23 kamata_24

野菜はシャキシャキです。 キャベツの甘みが強く美味しい。

豚4枚すべて引き上げました。 美しい巻き豚です。 kamata_25 kamata_26 kamata_27  

豚にところどころ唐辛子がくっついて食欲をそそります。

口に運ぶと、柔らかくとろける美味しい豚。

豚は、見た目も味も関内店に似ていて旨いです。

これは、旧鶴見の頃から変わってないと思います。

蒲田店主と関内店主が師弟関係なのを実感できる瞬間です。 kamata_28  

麺は、縮れが少なく、真四角に近い断面で、ちょうど割り箸に近い形状です。

硬めコールしていないにも関わらず、結構な硬さでした。

二郎にしては細目ですが、小麦感がギッシリな感じで、ややゴワな食感が心地よいです。

自分的に、とても好みです。 kamata_29 kamata_30  

スープは、蒲田独特のサラサラスープ。

醤油の酸味が前面に出ています。

やや温めで、豚出汁があまり感じられず、ニンニクとトウガラシに負けている印象。

下ブレだと思いたいです。

しかし、麺と豚が旨いので、そんなことおかまいなしに、どんどん食べ進められます。 kamata_31 kamata_32  

ごちそうさまでした!

kamata_33  

退店

退店したのが、20:55ごろ。 待ち人数は3人ほどでした。

帰り道、色々な誘惑が多い街なので気を付けたいものです(^^;

おしまい

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加