ラーメン二郎 上野毛店【2015年12月25日】

スポンサーリンク

世の中は、クリスマス一色。

幸せそうなカップルがたくさん目につきます。

クリスマスがなんだというのだ。

クリスマスなど、日本人で仏教徒の私には何の関係もない。

私が求めているのは、クリスマスカラーで彩られた可愛いケーキでもなく、香ばしく焼けたチキンでもなく、ニンニクと豚のニオイがプンプン漂うアレだ。

↓詳細&昼ver

ラーメン二郎 上野毛店への行き方・アクセス方法(上野毛駅から徒歩)

スポンサーリンク

出発(上野毛駅からの行き方)

到着したのは、大井町線の上野毛駅。

目指すは、ラーメン二郎上野毛店!

kaminoge_01

改札を出てすぐ右に曲がる。

そして、さわやか信用金庫を通り過ぎる。

kaminoge_02

丸山のある交差点を左に折れると・・・

kaminoge_03

二郎到着

すぐに二郎に到着。時刻は19:40。駅から徒歩1分くらいだろうか。

待ち人数0人で空席2。

今日もツイてる!

kaminoge_04

おかげですぐに食券を購入できた。

「小ぶた入り800円」「味付け玉子100円」計900円

kaminoge_05

水を汲み、食券を置き、スタンバイ完了。

kaminoge_06

お店は、コワモテだけど親切な店主さんと、助手さんの2人体制。

待つこと5分。

ラーメン登場

助手さんから「ニンニク入れますか」と聞かれたので「ヤサイニンニクカラメ」とお願いした。

ここの二郎は麺硬めが好きだけど、今日はあえて指定しなかった。

自分的にここの二郎はカラメ推奨。

登場したのが僕の二郎

kaminoge_07

kaminoge_08

kaminoge_09

まず、豚から頂きます!

豚はガチ豚が2、3個あったものの、それ以外は柔らかい赤身のしっとり豚。適度に脂身もついていて、味も染みていてナイス。

ニンニクはかなり細かい。

野菜はクタ。

スープは、乳化しておらず醤油が前面に出ており透き通っている。

スープに口をつけた瞬間、あっさりと思いきや豚の旨みが感じられて、美味しいスープ。

飲んだ後に残る、軽い酸味がクセになる。これは良い醤二郎。

スープを飲むのを止めるタイミングが分かりません。ヒロシです・・・。

このスープの感じは、店主が変わる前の亀戸二郎を思い起こさせる。

kaminoge_10

kaminoge_11

麺は硬めを指定しなかったので、柔らかめ。平打ち麺で、二郎にしては細い。

kaminoge_12

kaminoge_13

液体油は細かめ。

kaminoge_14

味付け玉子を箸で割ると美しい半熟。

kaminoge_15

kaminoge_16

卓上調味料は、コショウと唐辛子のみ。醤油ボトルは無し。

kaminoge_17

終盤、唐辛子をフリかけた。

kaminoge_18

スープをかなり飲んでしまったので、汁無し状態に。

七味・デロ麺・コク旨スープを程よく混ぜて、余すところなく上野毛二郎を味わう。

美味しゅうございました!

kaminoge_19

退店

店を出た20:00頃、待ち人数は7人に増えていた。

kaminoge_20

おしまい

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加